B3以上の写真は、個人のスリ・チンモイの瞑想には向かない




最近、わかってきたことは、
B3以上のトランセンデンタル・ピクチャーは、
大き過ぎて、個人での、スリ・チンモイの瞑想には、
全く、向いてはいないということです。

もちろん、個人ではなくて、複数人数の瞑想ならば、
例えば、スリ・チンモイ・センターにおいては、
サイズはわかりませんが、かなり大きめの
1枚のトランセンデンタル・ピクチャーに向かって、
10人、20人、30人以上で、
瞑想を行うこともありました。
しかし、個人での瞑想は、大きい写真は向いてはいないのです。
(私個人的には、A3での瞑想が、ベストだと思っています。)


それから、B3以上のトランセンデンタル・ピクチャーは、
個人の瞑想には向かないと申しましたが、
でも、原爆ドームの写真は、
別にB3以上でも、一向にかまいません。
B3以上でも、個人の瞑想に向かないということはないのです。
しかし、トランセンデンタル・ピクチャーと表裏一体で、
皆、使っているでしょうから、
原爆ドームの写真だけ大きいというのは、
非常に、バランスが悪いです。

B3以上の原爆ドームの写真は、
昼間は、完全に伏せてしまっておいて、
夜寝る時に、出して、
自分のベッドや布団の近くに置いておくのが、
ベストだと、私は、思っています。
(朝になったならば、原爆ドームの写真は、
また完全に伏せた状態にして、しまうようにすればいいのです。)

それから、家の中で運動を行う時に、
B3以上の原爆ドームの写真を出してきて、
その写真の前で、運動を行うようにしてください。
(もちろん、トランセンデンタル・ピクチャーは、完全に伏せて。)




合   掌










写真が大きいほど、霊的光も大きい




A3でのスリ・チンモイの瞑想は、A4での瞑想に比べたならば、
瞑想の時間は、少なくても半分以下に減少します。
(B3以上の写真では、もっと大幅に、瞑想の時間は減ります。)
例えば、A4で1時間出来ていた人は、A3では30分以下に。
A4で2時間出来ていた人は、A3では1時間以下に減ります。
サイズの大きな写真は、受け取る霊的な光も大きいので、
瞑想の時間は、その分どうしても減少してしまうのです。

けれども、私は、それでも、
A3での瞑想をお薦めします。
それは、どうしてかと申しますと、
A3での瞑想の方が、A4での瞑想に比べたならば、
はるかに、喜びが大きいからです。

瞑想に求めるものというのは、
人それぞれに違うとは思いますが、
でも、ほとんど全ての人間というのは、
やはり、喜びが欲しいのだと思います。
例えば、私の若い頃は、
A4か、あるいは、A4よりも小さな写真を使って瞑想を行ってきたのですが、
長い時間瞑想は行えるのですが、ほとんど喜びが得られない。
喜びが得られたとしても、瞑想中だけ。(それも常にではない)
しかし、瞑想が終わったならば、瞑想中得た喜びは完全に消えて、
全くの無味乾燥な状態になる。
私は、20年近くの間、毎日、その繰り返しだったのです。
ですから、神の悟りへの道は、
本当に、辛くて、苦しい道のりだったのです。
でも、A3の写真で、瞑想を行っていけば、
その辛い、苦しい無味乾燥な状態を、
大部分避けることが可能だと思うのです。


でも、注意して頂きたいことは、
A3のトランセンデンタル・ピクチャーで瞑想を行うならば、
必ず、A3の原爆ドームの写真もセットで使って、行うようにすること。
もしも、A3のトランセンデンタル・ピクチャーだけを使って瞑想を行っていったならば、
頭が痛くなったり、眉間、顔に圧迫感を覚えるようになって、
決して、長続きしないことでしょう。


A3の原爆ドームの写真と
A3のトランセンデンタル・ピクチャーとで、
瞑想を行っていけば、
必ず、悟りは開けるはずだと、
私は、確信をしているのです。
そして、A3の写真を使った悟りへの道は
辛い、苦しい道ではなくて、
喜びに満ち溢れた道になるのです。




合   掌

















HOMENEXT