太陽は、いっぱいある




晴れている日の夜に、空を見渡せば、
星をたくさん見ることができます。
それらの星のほとんどは、私達が住んでいる地球のような惑星ではなくて、
恒星と呼ばれる星達なのです。
恒星とは、どういう星かと申しますと、
太陽系の中では、太陽が唯一の恒星です。
太陽のような星を、恒星と呼ぶのです。
つまり、この宇宙には、
太陽は、いっぱい、たくさんあるということなのです。


もちろん、この宇宙には、
恒星だけではなくて、惑星も、
たくさん、存在しています。
しかし、私達の肉眼で見ることができる星というのは、
ほとんどは、恒星なのです。
私達の肉眼で見ることができる恒星の数というのは、
全天で約8,600個、
私達の住んでいる北半球においては、
その半分の約4,300個の恒星を見ることができるそうです。
でも、肉眼では見えない恒星の数というのは、
もっと莫大で、銀河系だけで、2,000億個以上。
そして、その銀河というのは宇宙に1個だけではなくて、
実に、1,000億個以上の銀河が存在しているとのことです。
つまり、2,000億個 × 1,000億個で、計算しますと、
20000000000000000000000個、
200垓(がい)個以上の莫大な恒星が、
この宇宙には、存在しているということになるのです。
(垓(がいというのは数字の単位で、
億、兆、京(けい)、の次に来る単位。)


私が考えるには、1つの恒星につき、
人間のような生命体が存在し得る可能性のある惑星は、1つだと思います。
よく金星人がどうのとか、火星人がどうのとか言う人がいますが、
しかし、この太陽系において、生命体が存在する惑星は、
唯一、地球だけなのです。
金星は、太陽に近過ぎするために、気温が高過ぎて、
火星は、太陽から遠過ぎるために、気温が低過ぎて、
どちらの星も、生命体が存在し得る可能性がないということは、
科学的に、もう既にわかっていることなのに、
金星人がどうのこうのなどと幼稚なことを言う人がいるから、
地球以外の知的生命体の存在について、
多くの人が、未だに、懐疑的なのだと思います。
これだけ多くの、たくさんの恒星が、太陽が、
この宇宙には存在しているわけですから、
地球のような生命体が存在し得るのに適した惑星というものも、
数多く存在していると考える方が、自然ですし、
理に適った考え方だと、私は、思います。



さて、「巨人軍は永久に不滅ではありません」で書きましたとおりに、
私達が住んでいるこの地球という星も、永遠不滅の存在ではなくて、
いつか、後何億年か経ったとしたならば、
その星としての寿命は尽きてしまうのです。

そして、現在、アメリカやロシア等の国が、積極的に、
宇宙開発等を進めておりますが、
それが、その時、大いに役に立つのです。
私達地球人は、その地球の寿命が尽きてしまう前に、
何光年も離れた、生命体が住むことができるような惑星に、
大移動をすることになるのです。
ですから、これからの地球の科学の発達というものは、
目覚ましいものがあるということです。
これから、年々、日を追うごとに、
地球の科学は、進歩発展していくことでしょう。


いや、その前に、人類は、
この地球は、終末を迎えないのかと言う人がいるかと思いますが、
しかし、大丈夫です。
人類は、滅亡しません。
そして、地球も、大丈夫です。

なぜならば、人類は、それほど、愚かではありませんし、
そして、神(至高のお方)は、そのようなことは、望んではいないのですから。


※至高のお方ー宇宙の至上神・天地の偉大なる創造主・Supremeのこと。
クリシュナは、親しみと尊敬の気持ちを込めて、神様のことをこのように呼びます。
主・天の父・ヤハウェ・アッラーも同義です。




合   掌


















HOMENEXT