才能とは努力 努力こそが才能




「1%の才能と99%の努力」
「天才は、この世に存在しない」等の一連のアイアラシの法則の教えは、
実は、今までに、何人かの人達から、猛反発を受けてきたのです。
しかし、私は、あえて、それらの人達に言いたいと思います。
「この世の中は、才能だ」「持って生まれた才能によって、世の中の大体のことは決まる」
などと思っているような人達は、
はっきり言って、例外なく、ダメ人間であると。
そして、実は、この私も、昔は、
「世の中は、才能だ」「持って生まれた才能によって、大体のことは決まる」
と思っていたのです。
そして、その当時の私も、全くのダメ人間だったのです。
(でも、それらの人達と私との異なる点は、
それらの人達は、自分達は才能がないと思っていて、
しかし、私は、自分には才能があると思っていた点です。
私は、「自分には、才能があるけれども、
病気だからダメなんだ。でも、病気さえ良くなれば、
自分は、何でも出来る。」と思っていたのです。
けれども、この考えは、大いに、間違えていたことに、
私は、40歳を過ぎてから、気が付いたのです。)

才能というものは、努力なのです。
努力を行っていったならば、人間の才能は、芽生えていきますし、
さらに努力を重ねていったならば、人間の才能は、開花していくのです。
持って生まれた素質などというものは、
努力をしなかったならば、全く意味がないのです。

例えば、若手のプロギタリストに谷本 光という人がいますが、
http://www.youtube.com/watch?v=plBnvfPRH7Y&feature=related
その谷本さんという人は、16歳でギターを始めて、
そして、1日、何と18時間も、練習をしたそうです。
そして、ギターを始めてから僅か1年、
17歳で、プロとしての活動を始めたそうです。
1日18時間練習出来ることが、才能と言ってしまえば、
それまでなのですが、
でも、もし、谷本さんが、1日18時間ではなくて、
1日1時間、2時間くらいしか練習をしなかったとしたならば、
どうなったでしょうか?
当然、17歳で、プロになることは出来なかったでしょう。
そして、恐らくは、20歳を過ぎたとしても、
プロになることは、出来なかったことと思います。


出来る人間というのは、
例外なく、皆、
努力をしているのです。


あなたも、プロギタリストになりたいのならば、
1日18時間、練習をしたとしたならば、
もしかしたならば、なれるかも知れません。
しかし、長時間、練習をしなかったとしたならば、
長時間、努力をしなかったとしたならば、
それは、谷本 光であっても、
ジョン・マクラフリンであっても、
あなたでも、
誰でも、
プロになることは、絶対に、不可能なことなのです。




しかし、まず、最も、重要なことは、
あなたが、それを行うことが、
神(至高のお方)の意志であるかどうかなのです。
http://aiarashi2004-hp.web.infoseek.co.jp/willofgod1.html
上記のやり方で、神の写真に尋ねてみたならば、
その答えは、簡単にわかると思います。
神の意志ではないことを行っていくというのは、
全く、無駄な努力だと思いますので、
まず、神様に自分の行うべきこと、
自分の適性を尋ねられた上で、
その努力を、行っていくようにしていかれてください。


それから、1日に18時間も、練習をする必要はないと思います。
練習、努力というのは、時間よりも、
中身が重要なのですから。
例えば、全く一緒にスタートをして、
全く同じ練習を、全く同じ時間行っている2人の人間がいたとして、
その2人の間にも、やはり優劣、差は、
必ず、出てくるものなのです。
その優劣の差が出てくる原因はと言えば、
まず、集中力の違いです。
練習を行う時には、出来るだけ集中をして、
集中力を高めて、行っていくのがいいのです。
それから、意識の違いです。
意識的に、意識して、練習を行っていく。
どれだけ、意識的に、練習を行っていくことが出来るのかが、
重要なのです。
もちろん、持って生まれた素質、才能の差というものも、あることはあるのですが、
しかし、その差とは、ごく僅かな差、
五十歩、百歩の差でしかないのです。
そして、その五十歩、百歩の差を埋めていくためには、
その自分よりも素質、才能が上の人間の、
倍も、3倍も、努力、練習を行っていけばいいだけです。
1年、2年、3年と続けていくならば、たいてい、
その人間よりも上に立つことができるはずだと思います。
もし、3年経っても、まだ超えられなかったとしても、
5年、10年、20年、30年と続けていったならば、
必ず、絶対に、その人間を、超えることができると思います。
持って生まれた素質、能力の差とは、その程度の差でしかないのです。


それから、その練習の中身、
何を練習していくのかといったことも、大変、重要です。
これも、例えば、学校選びや講師選びといったことも、重要ですし、
自分自身で、どのような教則本を選ぶのか、
どのような練習方法を選択して行っていくのかといったことも、
大変、重要です。
これにつきましても、先程述べたやり方で、
http://aiarashi2004-hp.web.infoseek.co.jp/willofgod1.html
神(至高のお方)の写真に、直接、一つ一つお尋ねしながら行っていくのが、
最も賢い方法なのです。
しかし、もちろん、あなた自身が、
それらのことについて、深く勉強をしていくということも、
とても大切なことです。
一生懸命に勉強をされて、様々な知識を身に付けていかれてください。
でも、勉強をして知識は身に付けることは出来たとしても、
その知識を、有効に、無駄なく、賢く、活用をしていくためには、
やはり、神(至高のお方)に頼るのが、最も賢明な方法なのです。
間違えた方法で練習を行っていったとしたならば、
何時間練習をしたとしても、どんなに努力をしたとしても、
成果はいっこうに上がっていかないのですから。
神(至高のお方)にお尋ねして、賢いやり方、賢い練習を、
行っていきましょう。





今回は、ギターを例にあげて説明をしましたが、
ギターではなくても、
それ以外の分野でも、
もちろん、悟りへの道においても、
これらのことは、そっくり当てはまるのです。

そして、肝心なことは、あきらめないことです。
「1%の才能と99%の努力」でも、書きましたが、
また同じことを言いたいと思います。
あなたが、あきらめない限りは、あなたには、無限の可能性があるのです。
しかし、もし、あなたが、あきらめたとしたならば、
そのあなたがあきらめた瞬間に、
限界というものが出来てしまうのです。
何年かかったとしても、
何十年かかったとしても、
あきらめないで努力を行っていったとしたならば、
あなたは、必ず、あなたの夢を実現できるはずだと思います。

NEVER GIVE UP


※至高のお方ー宇宙の至上神・天地の偉大なる創造主・Supremeのこと。
クリシュナは、親しみと尊敬の気持ちを込めて、神様のことをこのように呼びます。
主・天の父・ヤハウェ・アッラーも同義です。




合   掌














HOMENEXT